二級建築士の資格取得をするならこのスクールにおまかせ!製図講座が受けられる通信講座を徹底比較!おすすめ5校を紹介します。

二級建築士の資格講座は働きながらでも受けられる?合格は可能なのか

公開日:2022/08/15


「二級建築士の資格取得を考えているけれど、働きながらでも合格は可能なのだろうか」と考えている方もいるのではないでしょうか。もちろん一概にはいえませんが、一般的には学生よりも社会人の方が、勉強する時間が限られていることが多いです。今回は、働きながら二級建築士の資格講座を受講し、合格可能かどうかについて解説します。

働きながら受けられる資格講座はある

そもそも働きながら資格講座を受けることは可能なのか?についてですが、結論からいうと可能です。資格講座にもさまざまなタイプがありますが、基本的には自宅で学び、週1日実施のスクーリングに通うコースを設定している専門学校もあります。もちろん生半可な気持ちで継続するのは難しいかもしれませんが、二級建築士の資格講座は今の仕事をやめてでないと受けられないということはありません。

また「いつかは挑戦してみたいな」と考えている方もいるかもしれません。しかし、そのいつかはいつくるのでしょうか?人生は今が一番若い時です。心の奥底にある「やってみたい」気持ちを大切に、思い切って飛び込んでみましょう。

働きながらでも二級建築士の試験に合格することは可能

実際に試験合格は可能なのか?についてですが、これも可能です。しかし、二級建築士は誰でも受験できるわけではなく、受験資格を満たしている必要があります。大学・短大・専門学校を卒業した人は実務経験なしで受験可能、建築に関する学歴がない人は実務経験7年必要などが決まっているため、自分に受験資格があるのかをまず初めに確認するようにしましょう。

実務経験に関しては、試験合格後に積んでも問題ないことを覚えておくとよいです。その場合、指定年数の実務経験を積んだ後に免許の発行がされます。また、二級建築士の資格取得のためには、学科試験・設計製図試験のどちらにも合格する必要があります。試験の合格率は約20%という難関試験です。

学科試験

学科試験は学科Ⅰ~Ⅳまでの4つの区分に分かれています。総合得点で合格点を上回っていたとしても、科目ごとの最低基準点を越えていなければ不合格になってしまうため、注意が必要です。そのため、勉強法としては得意を伸ばすことに加えて、苦手をなくしていくことも重視することがいいといえるでしょう。学科試験単独の合格率は約40%です。

設計製図試験

設計製図試験では、5時間の試験時間内に手書きで設計図書を作成する必要があります。課題はあらかじめ公表されます。設計能力・効率的な製図能力が求められる試験となっているため、しっかり対策をして臨みましょう。設計製図試験単独の合格率は約50%となっています。

二級建築士の資格取得は簡単なことではない

前の項目でも述べたように、二級建築士試験の合格率は約20%となっており、決して簡単に合格できるものではありません。一般的に二級建築士試験に合格するためには、1,000時間以上の勉強が必要であるといわれており、単純計算すると1年間毎日3時間弱勉強することになります。

中途半端な覚悟や努力で合格することは難しいでしょう。しかし、仕事が長引いて物理的に勉強時間がとれないこともあるでしょうし、実際1日3時間の勉強を毎日欠かさず続けることは、難しいことが多いと思います。ここからは、実際に働きながら二級建築士の勉強をしていくうえで、大切な心構えやコツを紹介します。

目標から逆算する

1,000時間の勉強時間を確保することは、とくに働きながらだと簡単ではありません。どこにゴールを置くのかを明確にしたうえで、自分のスケジュールだと1日どれくらいの勉強時間がとれるのかを考えて、逆算して進めていくとよいでしょう。急に予定が入ることなども加味して、無理のないスケジュールを組むことがおすすめです。

スキマ時間を活用する

時間は無限ではありません。通勤時間、休憩時間などのスキマ時間も積み上げれば、かなりの時間数になります。ゲームをしたりボーっとして過ごしてしまったりする人が多いからこそ、その時間を有効活用できるかどうかは重要なポイントです。

通信講座や予備校を活用する

独学で試験に合格することも、もちろん不可能ではありませんが、1,000時間の勉強量をひとりでこなしていくのは、やはり難易度が高いです。独学で挑戦する心意気は素晴らしいですが、それでだらだらとしてしまったり、非効率になったりしてしまっては元も子もありません。

できる限り短期での合格を目指す場合は、通信講座や予備校などの活用を検討すると、よいのではないでしょうか。料金はもちろんかかりますが、独学よりも効率的に学べる確率が格段に上がります。

意志を強く持つ

最終的には自分の意志、覚悟の強さが重要になります。二級建築士への道はどうしても長期戦になるため、途中で不安になることもあると思います。しかし、何かを成し遂げるためには結局、毎日コツコツと地道に積み重ねるしかありません。ほかの誰でもない自分が、自分のことを信じて取り組むことが大切です。

まとめ

二級建築士の資格講座を受けること・資格試験に合格することは、働きながらでも可能です。しかし、合格率は20%の難関で勉強時間も1,000時間以上必要だといわれており、簡単に合格できるものではありません。だけれど、できるか分からないから足踏みしている状況ももったいないのではないでしょうか。やってみたい気持ちがあるのであれば、まずは一歩を踏み出してみること、そうすることで見える景色があるはずです。

【二級建築士】おすすめ通信講座5選

商品画像
商品名ハウジングインテリアカレッジ日建学院総合資格学院全日本建築士協会TAC
特徴「教えるプロ」の個別指導と的中率が高いオリジナル教材建築業界の先端を走り続ける確かな知識とノウハウおすすめポイント:ライブ講義を実践し続け、高い合格率を誇る実力派50余年の実績から生み出された合格システムWebと音声による学習フォロー
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
二級建築士を目指せるおすすめ通信講座紹介