二級建築士の資格取得をするならこのスクールにおまかせ!製図講座が受けられる通信講座を徹底比較!おすすめ5校を紹介します。

二級建築士の資格講座にかかる費用はいくら?料金相場をご紹介!

公開日:2022/06/15


「二級建築士の資格講座を受けたい!でも、費用はどれくらいかかるのだろうか?」と考えている方もいるのではないでしょうか。二級建築士を目指すうえでは、独学だけではなく講座を活用する方が効率的に勉強を進められる可能性が高まります。今回は二級建築士のスクールにかかる料金相場や、かかる料金を少しでも安く抑える方法をご紹介します。

二級建築士とは

そもそも二級建築士とは?というところから解説します。二級建築士は国家資格であり、資格を取得するといわゆる建築のプロとして認められます。二級建築士の仕事内容は主に設計業務と工事監理業務の2つです。

設計業務

設計業務はその名のとり、戸建て住宅などをどのように設計するかを考えることです。建物を建てる時には、構造・安全性・設備・実用性・デザインなど色々なことを考えながら設計を進める必要があります。建築士の資格には木造建築士・二級建築士・一級建築士の3種類がありますが、建物の規模によってこの資格を持っていないと設計や工事監理をしてはいけない、と定められています。設計の作業は建物を建てる上での土台となる非常に重要な部分です。

工事監理業務

設計したらそれで終わり、と思っている方もいるかもしれません。しかし、実際はそうではなく、設計図通りにしっかり建築が進んでいるかを確認する工事監理業務を行う必要があります。監修をしていなければ、設計図が正しくてもその通りに進んでいない箇所が出てくる可能性があり、安全性が欠けてしまうことも考えられます。それらを防ぐために、設計を担当した二級建築士やほかの建築士が工事の監理人となり、しっかりと現場を監修する必要があるのです。

二級建築士の資格を取得することで建築業において仕事の幅が広がるため、更なるスキルアップが期待されます。また国家資格であるため、転職や就職においても有利になるでしょう。

二級建築士のスクールにかかる料金相場

建築に関して重大な責任をもつ二級建築士の資格を取得することは、決して簡単ではありません。必要な勉強時間数は1,000時間ともいわれており、試験の合格率は約20%の難関試験です。すべて独学でも合格は不可能ではありませんが、長丁場になるためモチベーションを維持するのは大変な場合も多いのではないでしょうか。

できる限り効率的に合格を目指すのであれば、独学のみではなく二級建築士のスクールも利用することをおすすめします。もちろん学校により異なりますが、学科・設計製図を一からしっかりスクールで学ぼうと思うと100万円ほどかかってくることもあります。建築を学ぶのがまったくの初めてという場合にはよいかもしれませんが、今まで建築を学んだ経験があったり、建築の現場で働いた経験があったりする場合は、学科のみ・設計製図のみ・試験直前のみなど、自分の苦手に合わせた選び方をするのもよいのではないでしょうか。

部分的な対策であれば、通信講座で10万円台から取り組めるコースを設定しているスクールも多くあります。料金の相場に幅があることが、二級建築士のスクールにおける特徴のひとつであることを認識しておきましょう。色々あって迷うかもしれませんが、それぞれのスクールには特徴があります。二級建築士の試験においては、自分自身の苦手をなくしていくことが重要なポイントなため、まずは自分に何が足りないか・それを補うためには何が必要か・どれくらいの出費が可能かということをしっかり分析した上で、条件に合うスクールを探すとよいでしょう。

少しでも料金を抑える方法

できる限りかかる料金を抑えたい!という方もいると思います。ここからは、少しでも料金を抑えて試験対策ができる方法をご紹介します。

通信講座の活用

二級建築士のスクールには、通学講座と通信講座が選べるところがあります。ほとんどのスクールでは、通信講座の料金の方が通学講座よりも安く設定されているため、料金をできる限り抑えて学びたい場合は通信講座がおすすめです。また、働きながら学ぶなどの場合であれば、通信講座の方が都合をつけやすかったりもするでしょう。それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶのがよいのではないでしょうか。

教育訓練給付金の活用

教育訓練給付金、というものをご存知でしょうか?この制度は雇用保険に1年以上加入していると、受講にかかった料金のうち最大20%が還付されるというものです。社会人として継続的に働いた経験を持つ人は、使える対象の方が多いです。自身が対象であればぜひ利用したい制度ですが、自身だけではなく、受ける講座も教育訓練給付金の対象講座でないとこの制度は利用できないため注意が必要です。教育訓練給付金制度の利用を考えている場合は、自分が対象であるかどうかに合わせて、受講を検討している講座が制度の対象かどうかも確認するようにしましょう。

 

二級建築士のスクールにかかる料金の相場には非常に幅があります。だからこそ、自分のライフスタイルに合ったスクールをしっかり選ぶ必要があるのです。自分の得意な部分は自分で伸ばしていきやすいですが、苦手な部分は自分だけでは取り組みにくい場合も多いのではないでしょうか。スクールも上手に活用して、二級建築士の資格取得を目指しましょう。

【二級建築士】おすすめ通信講座5選

商品画像
商品名ハウジングインテリアカレッジ日建学院総合資格学院全日本建築士協会TAC
特徴「教えるプロ」の個別指導と的中率が高いオリジナル教材建築業界の先端を走り続ける確かな知識とノウハウおすすめポイント:ライブ講義を実践し続け、高い合格率を誇る実力派50余年の実績から生み出された合格システムWebと音声による学習フォロー
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
二級建築士を目指せるおすすめ通信講座紹介